売れる仕組みを作る「マーケティングオートメーション【MA】 本」【11選】

マーケティングオートメーション 本

スポンサーリンク

「マーケティングオートメーションって何?」
という方のために、アマゾンで購入できる「マーケティングオートメーション 本」をまとめてみました。

ここに掲載されている本の中には、「Kindle Unlimited」というマークがついている本があります。
Kindle Unlimited
アマゾンでこのマークの付いている本は、月額980円で何冊でも読むことができます。

今回、ご紹介している本は、「Kindle Unlimited」の本が多いので、「Kindle Unlimited」に無料体験に登録すると、最初の月は無料で何冊でも読むことができますので、一気に読みたい場合は、無料体験の登録がお得です。

マーケティングオートメーション 最強の導入手法

マーケティングオートメーション 最強の導入手法
Kindle Unlimited
マーケティングオートメーション 最強の導入手法
小池 智和 (著)
発売日: 2018/3/2

目次
第1章 「マーケティングオートメーション×CRM」で理想的なマーケティングを実現する

第2章 「マーケティングオートメーション×CRM」を使って何をするのか

第3章 「失敗しないマーケティングオートメーション×CRM」の操作方法

第4章 成果につながる運用アイデア(ノウハウ)

第5章 成果につながる活用事例

【参考になる「口コミ」をピックアップ】

具体的な導入のためのテクニックの本というよりも、MAの解説本といった内容です。しかし、普段のマーケティングに関して、共感できる文書いくつも書いてあるので読みやすいです。
仕事に生かすためには、自分の会社や仕事に置き換えて想像を膨らませる必要があります。
わたしは仕事にも役に立ったので、星5とします。

LINE@で集客から売上UP、顧客管理(CRM)まで出来る LINEマーケティングオートメーション入門

LINE@で集客から売上UP、顧客管理(CRM)まで出来る LINEマーケティングオートメーション入門
Kindle Unlimited
LINE@で集客から売上UP、顧客管理(CRM)まで出来る LINEマーケティングオートメーション入門

IT社長養成学校 田窪洋士 (著)
発売日:2019/3/3

「LINEマーケティングオートメーション入門」ということで、 LINEステップの活用法や、タグ機能・ホーム投稿で拡散などの実践方法が紹介されています。

LINE@で集客から顧客管理まで行いたい方、今すぐ導入したい方にはおススメです♪

マーケティングオートメーション導入の教科書 優良顧客を自動で育てる仕組みづくり

マーケティングオートメーション導入の教科書 優良顧客を自動で育てる仕組みづくり
Kindle Unlimited
マーケティングオートメーション導入の教科書 優良顧客を自動で育てる仕組みづくり
長谷川健人(株式会社デルフィス) (著)
2017/6/1

【目次】
1. マーケティングオートメーションとは

2. マーケティングの基本を知る

3. マーケティングオートメーションの基本機能を知る

4. BtoBビジネスでの導入と運用の流れ

5. BtoCビジネスでの導入と運用の流れ

6. マーケティングオートメーションの導入事例

【参考になる「口コミ」をピックアップ】

マーケティングオートメーションが理解出来た。

マーケティングオートメーションの導入を検討していましたが、どの書籍も、さらにWEBでも全体像が掴み切れず困っていました。
こちらの本で、まさに理解できたという状態です。

また運用で何をするのか、なすべきかもわかりやすく、導入を検討していた立場からすごく助かりました。

できる100の新法則 実践マーケティングオートメーション 会わずに売れるリード育成法 できる100の新法則シリーズ

できる100の新法則 実践マーケティングオートメーション 会わずに売れるリード育成法 できる100の新法則シリーズ
Kindle Unlimited
【参考になる「口コミ」をピックアップ】

マーケティングオートメーションの導入、浸透、活用の実践者だからこそ書けた本
概念的には理解していた「マーケティングオートメーション」の導入、活用の実際、企業にもたらす価値や、それを実現するために出現する壁。
また、その壁の乗り越え方など、実際に導入、浸透、活用に関わった実践者だからこそ書けた本だと思いました。

6章のうちの5章をMauticというオープンソースのMAツールを例に解説してあり、「予算がない」、「まず、試してみたい」という読者にも最適です。
その後、Mauticでマーケティングオートメーションを通じたある種の「ROI」が実感できたユーザーに向けて、

最終章ではベンダー製有償MAツールとしてMarketoの活用法が記述されているのも親切だと感じました。(MauticとMarketoの違いも。)
つまり、オープンソースのMaucicでマーケティングオートメーションを始め、リテラシーが上がったら有償ツールへのアップグレードを検討するという二段階で導入を検討する道筋が示されている。ということです。

GoogleアナリティクスなどのWeb解析ツールや、AdWordsなどの広告ツール、サイト内リコメンデーションのツールなど「Webマーケター」がどちらかというと単独で、

「ネットビジネス独自の最適化」を行うために使うツールと違い、マーケティングオートメーションは、最低でも「マーケティング部」と「営業部」(その先には採用を行いたい人事部なども!)という部署連携なしには
価値を引き出せないと説明されており、だとすると、そうした「漸進的」な進め方で、自社が、組織としてMAを活用しきれるかをまず検証する必要がある。というMAのもつ性質と、本の章立てが最適にマッチしています。

勉強になりました。有り難うございます。

マーケティングオートメーションに落とせるカスタマージャーニーの書き方

マーケティングオートメーションに落とせるカスタマージャーニーの書き方

マーケティングオートメーションに落とせるカスタマージャーニーの書き方

小川 共和 (著)
発売日: 2017年6月/26日
単行本(ソフトカバー)1,706円

目次
第1章
マーケティンク゛オートメーションに落とせるカスタマーシ゛ャーニーとは

第2章
カスタマーシ゛ャーニーの作り方1 全体設計

第3章
カスタマーシ゛ャーニーの作り方2 施策設計

第4章
カスタマーシ゛ャーニーの作成事例

【参考になる「口コミ」をピックアップ】

素晴らしい良書!

これは素晴らしい良書。理論から実践までを網羅し、図解と実例で分かりやすい。「なるほど!そう繋がるのか!そう使うのか!」となった。また、色々なビジネスでの例を挙げていて、未来はこういう風になるのかなと感じた。。

実践的な本です

参考になるマーケティングの本は沢山ありますし、マーケティングテクロジーの本も沢山あります。

次に出てくる課題は、せっかく考えたマーケティング施策を、テクノロジーを駆使しながら実践することです。

この本では、考えたマーケティング施策が、絵に描いた餅で終わらないように、マーケティングオートメーションに設定して実行可能な形で、カスタマージャーニーを書く方法を学べます。

MA / マーケティングオートメーション: 5分でできるMA導入と成功する8つのプロセス  Kindle版

MA / マーケティングオートメーション: 5分でできるMA導入と成功する8つのプロセス
Kindle Unlimited
MA / マーケティングオートメーション: 5分でできるMA導入と成功する8つのプロセス

熊谷基継 (著, イラスト)
出版社: ENY Publishing (2018/2/27)

目次
1.マーケティングオートメーションMAって何?

2.あなたの会社に最適なMAは?

3.すっきりわかる!MA導入に必要な8つのプロセス

4.まずはやってみよう!5分で始められるMA

5.これだけできる!無料のMAツール

6.ダイレクトレスポンスマーケティングを使ったMA戦略

BtoC向けマーケティングオートメーション CCCM入門 Kindle版

BtoC向けマーケティングオートメーション CCCM入門
Kindle Unlimited
BtoC向けマーケティングオートメーション CCCM入門 Kindle版

岡本 泰治(著) 橋野 学(著)
発売日: 2015/7/31
オンデマンド (ペーパーバック)
¥2,592

【参考になる「口コミ」をピックアップ】

長年の実践に基づいた分かり易い入門書

ダイレクトマーケティングを長年実践してきた岡本氏ならではの書籍で、決して上っ面でない、しっかりとした入門書になってます。

CCCMの基本であるOne to Oneをしっかりと今の時代に適応させた形で解説していて、
とても分かり易い流れです。運用の基礎的な事項についても触れられており、

また、最後には乱立するMAツールの特徴を簡便に紹介しています。
MAを考えてみようかと思っている方はまずこの本を読むと全体像がわかるのでお薦めです。

BtoBのためのマーケティングオートメーション 正しい選び方・使い方 日本企業のマーケティングと営業を考える

BtoBのためのマーケティングオートメーション 正しい選び方・使い方 日本企業のマーケティングと営業を考える

BtoBのためのマーケティングオートメーション 正しい選び方・使い方 日本企業のマーケティングと営業を考える

庭山 一郎 (著)
単行本(ソフトカバー)
¥2,138
発売日:2015/9/19

【参考になる「口コミ」をピックアップ】

マーケティングオートメーションの基礎を学ぶための良書

社内のインサイドセールス立ち上げのための基礎知識としてMAを理解したく、この本を手に取りました。
ツールとしてのMAをする前段として、 言葉や仕組みの理解を通し、全体的な流れを理解でき、その後に各社のツールの話になります。2015年に発売されていることから既にツールについては古い情報となっておりますが、基礎を学ぶ目的であったことから非常に参考になりました。

マーケティングオートメーション入門 Kindle版

マーケティングオートメーション入門

マーケティングオートメーション入門
電通イーマーケティングワン (著)
Kindle版:¥2,160
出版社: 日経BP社 (2015/7/2)

マーケティングオートメーションでおもてなし~ITがマーケティングにしてくれること

マーケティングオートメーションでおもてなし

マーケティングオートメーションでおもてなし
小川 共和 (著)
発売日: 2015/1/23

【目次】
第1章 マーケットセグメンテーション‐原点かつ起点

第2章 プロモーション‐「売り」へのもう一押し

第3章 ダイレクト・マーケティング‐1 to 1 の原型

第4章 3 大ウェブメディア‐マーケティングを根底から変えた

第5章 CRM‐1 to 1 の中核

第6章 リードジェネレーション&リードナーチャリング‐CRM の拡張

第7章 マーケティングオートメーション‐省力化・収益最大化だけではない

マーケティングオートメーションの基礎: One to Oneマーケティングを徹底的に理解する。 Kindle版

マーケティングオートメーションの基礎: One to Oneマーケティングを徹底的に理解する。
Kindle Unlimited
マーケティングオートメーションの基礎: One to Oneマーケティングを徹底的に理解する。
秋山 尊謙 (著)
発売日: 2015/10/21

目次
第1章 マーケティング・オートメーションとは何か

第2章 リード マネージメント

第3章 マーケティング・オートメーションの活用

第4章 マーケティング・オートメーションの導入

【参考になる「口コミ」をピックアップ】

概要を知ることができる

マーケティングオートメーションについての概要を知るには良い情報量でまとめられており、専門用語も文中に掲載されているので、どういった概念なのかを知るには良い書だと思います。

スポンサーリンク



LINE「自動化・仕組化」勉強会